うつ病の可能性があります

男女

意欲が減退する症状が見られます

現代はストレス社会になっているため、仕事や近所付き合い、ママ友とのお付き合いなどで、心身共に疲れ気味になっている人が増えています。元気な時は、休日や連休などはレジャーや娯楽を楽しんでいる人が多いです。意欲減退症状が出てくると、趣味や娯楽、レジャーなど何にも興味がわかない状態になることがあります。テレビや映画などを見ても、つまらないと感じたり、無感動、無関心になりがちです。ストレス社会では、意欲減退は自己防衛のひとつではありますが、長く続いてしまうと生活に支障をきたすことがあります。放置をしておくと、うつ病などの精神疾患に罹ることがあります。うつ病に罹ると、自分の健康管理などに無関心になり、短期間で体重が減少したり、逆に増加することもあります。気力や意欲が減退して、運動不足気味になることも多いです。健康管理に無関心になると、体調を崩すこともあります。何にも興味がわかない状態が続いている時は、精神科や心療内科を受診するのをお勧めします。うつ病が疑われる時は、問診などを行いうつチェックをします。複数の項目に該当をしていたり、診察をすることで診断が付くことが多いです。うつ病は現代は増加傾向にある病気ですが、優れた抗うつ剤や抗不安薬などを処方してくれるので、根気よく服用することで、少しずつ改善することが多いです。比較的症状が軽い場合は、入院は必要ではなく、外来による治療が中心になります。何にも興味がわかないので、何をしてもつまらないと感じている時は要注意です。身近に頼れる友人や身内がいる場合は、電話などで話を聞いてもらいましょう。

恋愛や仕事、家庭などの人間関係は悪くないけれど、ストレスや疲労感を感じており、帰宅をしても何にも興味がわかないので悩んでいる人が多いです。好きだった本や雑誌などを読んでも、つまらないと感じたり、新しいことを始めるのが億劫になります。健康な人であれば、一時的に意欲や気力が減退して、何にも興味がわかないことがあっても、数日で回復をすることが多いです。数日で回復する場合は問題ありませんが、うつ病に罹ると、何にも興味がわかない状態が3週間以上続くので、同居している家族が変化に気付くことが多いです。明るく活発な性格の人が、部屋に閉じこもるようになったり、電話やメールなどを避けたりすることもあります。同居している家族に変化が見られる時は、説得をして精神科や心療内科を受診させることが大事です。うつ病は早期に発見して、適切な治療を受けることで回復する病気です。精神科や心療内科を受診するのは、初めての人も多いですが、診察代や薬代は保険適用が受けられるので、あまり高額になることはありません。早い段階で治療を始めることで、何にも興味がわかない状態が改善されて、家事や仕事をこなせるようになったり、趣味や娯楽などを楽しめるようになります。うつ病などの精神疾患は、誰でも罹る可能性がある病気なので、精神科や心療内科を受診するのに抵抗を感じる必要はありません。現代は副作用が少なく、安全性の高い医薬品が開発されているので、安心して通院が出来ます。通院を重ねて症状が改善してくると、薬を減らしてもらうことも出来ます。

Copyright© 2019 気力がない場合に知っておきたい基礎知識とその症状を解決する方法 All Rights Reserved.