やる気になりたい

看護師

基礎知識と悩み解決方法

人間は、気分によって行動が随分と変わってしまう生き物です。そのため、気分がすぐれないときには何をやっても結果が出ないこともあり得るでしょう。例えば、何にも興味がわかない場合がこれに該当します。何にも興味がわかない場合には、興味が出るようになるまで行動を控えるか具体的に行動することで活路を見いだすことができます。ところが、精神的な病になってしまうとこれが長期間続くことが考えられるでしょう。よくある例は、数ヶ月にわたって何に対してもやる気が出ないパターンです。長期間やる気が出ない場合には、うつ病になっている可能性もあるため精神科や心療内科などの先生に診てもらうのが1番です。精神科や心療内科の先生に診てもらう場合には、必ず自分の症状を伝えることと診断書をもらうことが重要になります。診断書が重要な理由の1つは、会社員の場合には会社に提出するときに必要です。全く会社を休まなければ問題ありませんが、頻繁に休んでいる場合には傷病手当金がもらえる可能性も否定できません。傷病手当金をもらう場合には、最初の診断書が重要になります。もし、いくつか医者を変えている場合には最初に通った医者に診断書を出してもらうと良いでしょう。それ以外も、長期的な欠席をする場合はかなり無気力になってしまい日常生活すらまともに営めない場合も考えられます。このようなときには、障害年金をもらって生活することもできるでしょう。当然この時にも、最初の診断書が重要になるため必ず診断書をもらうようにしておくことが大事です。

何にも興味がわかない状態が長く続く場合には、何にも興味がわかない状態からすぐにでも達することが重要です。ただそうは言っても、すぐに脱することができるほど人間の思考回路は簡単ではありません。そこで、精神科や心療内科に通って、まず原因を追求することから始めなければいけません。これを自分自身で行うこともできるかもしれませんが、よほど知識がないと難しいと言えるでしょう。そもそも客観的に自分自身を見ることができなくなっているため、何事にも興味がわかなくなっているのであり、自分を客観的に見られる人はそもそもそのような病状に陥る事はありません。精神科や心療内科でお悩みを解決するにしても、短くて3ヶ月程度そして長いときには1年以上かかることもあります。その間、根気よく継続して心療内科や精神科に通い続けることが重要です。具体的な治療方法の1つとしては、カウンセリングがあります。カウンセリングを専門的に行っている先生や臨床に詳しいカウンセラーに話を聞いてもらうのが主なやり方です。カウンセリングといっても、先生が答えを出してくれるわけではありません。基本的に腕の良いカウンセラーほど患者さんが自ら答えを出すことができるように仕組みを作っています。患者さんが自分から話をして自分の言葉に気がつき、結果的に問題が解決できるようにするわけです。もう一つは、薬物投与が考えられます。気力がわかない場合には、抗鬱剤などが出されることも多いでしょう。一時的に気力が回復するかもしれませんが、あくまで薬の力で治っているだけです。最終的には、薬から脱却することも大事です。

うつ病の可能性があります

男女 精神的なストレスや疲労感を感じていると、何にも興味がわかないなどの意欲減退症状が見られることがあります。放置をしておくと、症状が悪化してうつ病を発症することがあります。早めに精神科や心療内科を受診しましょう。

詳しく見る

クリニックの選び方

医者 何にも興味がわかないという時は誰にでもあるものです。しかし、その原因が分からず、そのままいつまでもこのような状態が続くようなら病気の可能性も否定できません。精神科や心療内科を受診し、相談してみましょう。

詳しく見る

うつ病との向き合い方

男性 ストレスが原因でうつ病が発症すると、症状の一つとして何にも興味がわかないという状態になります。症状の悪化を防ぐためにも、日ごろからストレス発散方法を見つけておくこと、無料電話相談などのサービスを使用することなどがおすすめです。

詳しく見る

Copyright© 2019 気力がない場合に知っておきたい基礎知識とその症状を解決する方法 All Rights Reserved.